スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ第11話stage11『ナリタ攻防戦』

スザクの動機をどう描くかが全体の締めの鍵
現在本放送を追っかけている為絵は無しorz
絵乗っけました

↑クリックで画質良・オリジナルサイズがご覧になれます

→コードギアス 反逆のルルーシュ公式サイト
→コードギアス 反逆のルルーシュねっとらじお(里美っ子+さーや)
→コードギアス 反逆のルルーシュwiki
→コードギアス 反逆のルルーシュ本編配信(I.Eでのみ視聴可)


水銀燈
今更更新するのもどうかと思うけどぉ
とりあえず番組から出た情報だけ列挙するわねぇ
それよりもあんた達ぃい
わたしよりも3話多く見てるって
ジャンクの癖に生意気よぉ!!

アイコン漫談は本放送に追い付いてから
時間があったら・・・


「続きを読む」より個人的感想とヘボ情報+考察が読めます



紅蓮弐式は所詮ランスロットのかませになるかな
と思ってたんやけど
意外にも健闘
まだあっちはビックリパーツがいっぱいあるから
なんともいえへんのやけどね…

しかしオレンジ卿の迷走は面白い
うちはきっと最終回まで生き残ると応援してますぇ!!

あと意外だったのがまだ
コーネリアが退場ではない事
というか一年クールなら当然やね
最初は2クールやと思ってたから
1クールで終わりやと思ってたん
というか今、浦澤直樹の特集見ててPCに集中が…






●今週のヘボ情報+考察●




キューエルさよなら
オレンジはレンジになっても一応脱出装置働いたのに
オレンジを苛めたキューエルさんは脱出装置故障
虐めると自分に帰ってくるという例ですね
皆さん!人を蔑むのはやめましょね♡
帽子屋との約束だよ☆
新規OPを見るとやたらヴィレッタがフィーチャー(帽子屋は現時点11話まで)
されてるから
この先の展開の為にヴィレッタが単独行動できるように
邪魔な目の上のタンコブのキューエルとオレンジを戦線から離脱させたという感じかな
オレンジ卿はまだ役目残ってそうやけど



ブライ改
ゴキブリみたいな触覚とチェーンソーソードが特徴
四聖剣の陣形は難しい漢字をつかって呼称していたけど
ようは四体で一点集中的に敵機を翻弄し
波状攻撃にて確固撃破って事やろか
ブライ改といってもサザーランドと同等かそれ以下
慣れてない操縦技術の日本人パイロットも含めて考慮すると
このぐらいしかないやろね
チェーンソーソードはぶっちゃけ間接狙いが一番有効かと
劇中でもちゃんと間接狙ってる
よくロボものだと頑張って装甲狙ってはりますし
そういえば初期ガンダムはちゃんと装甲狙って撃ってはったなぁ
一発でぶっ壊れるのはそういうわけどすな
あとは充填中の銃口とかね
はっきりいって接近戦でやったら自分も死ぬはずやけど

「今こそ、戦況逆転の好機!!」


★// ユーフェミア
意外とまともな戦況把握が出来る方でした
情報混乱の中で本陣が勝手に動くのはマズイ
なんとかこのまま頑張ってラクス化しないよう奮闘してほしい
あっちのピンクは部下を無駄死にさせまくってるからなぁ
頼みの綱がスザクなのがあれやけど
正直、未だユフィの立ち位置がコーネリアの弱点以上の意義が見出せない
彼女の本格的な出番はまだ、という事やろね
まぁ後半になればなるほど
ブリタニアの混乱や戦争を諌める役目程度になるのが目に見えてるけど


★// 今週のランスロットのビックリドッキリメカ
液状斜面を滑走するサンドボード
頼むからサザーランドにもオプションパーツ下さい
量産期にこそ、支援パーツつけて汎用化するべきでは…
あぁサザーランドは所詮市街制圧目的やしなぁ
あとこんな事態予測してないから装備してないんやろし
特派はいつもオプションフルでトレーラー移動してるしね


★// ランスロットの異常性能
毎回毎回ルルーシュは自信満々に作戦立てて
実際その通りになるんだけど
いつもランスロットに阻止されるという展開が定着
これはヒーロー・ロボットものへのある意味オマージュやろね
普通に考えたらキャラの立ち位置は
ルルーシュが作戦立てて雑魚引き連れてやってくる悪役
ランスロットが数を圧倒的な力で打ち倒す正義のロボ
第1回からそうやったけど
正義のロボってのは悪役から見たら凄い脅威というのがよくわかる
このパターンもしばらくスザク側に動きがないと変わらないやろね


★// スザクの過去
CCにかけられたショックイメージ
まぁフラッシュバックみたいなので自分の過去を見せられた模様
その時、父、玄武登場
睨む目つきでスザクに対し振り返り近付く
父を前にしてうろたえるスザク
「あの時はああするしかなかったんだ!」
「そんなつもりじゃ!」
「死んだはずだ」
一人称が僕→俺に突如変化
何か衝撃を加えられ壊れた時計
同じ建物にいる玄武とマリアンヌ
そしてそのイメージを見たスザクの発狂
これらの過去映像とスザクのこれまでの言動を絡めると
ゼロの否定→経験した手段だからこその否定
つまり…
マリアンヌ・玄武死亡にスザクが絡むという事か
もしかしたらスザクはガンソードにおける
ウィリアム・ウーと同じ経緯のキャラなのかもしれない
当時の年齢を考えてスザクが直接マリアンヌ殺害テロに関わったとは思えないが
玄武を殺したのがスザクという場合も
少なくとも開戦前後のスザクは今のゼロ的思考だったのだろう
そしてその行動結果が父の死と日本の敗戦という感じだろうか
もしそのような過去があるとしたら
今までの矛盾だらけの彼の正義と
自己の価値の否定を許さない点(以前の玉城との絡み)
なども納得でき
真に彼は 偽善者という事になる
結局は自己保身と陶酔の為の優しさという事だ


★// CCの過去
不鮮明な映像のツギハギがリングの呪いのビデオみたいだ
民衆に弾圧されるギアスマークのついた建物
教会のようにも見える
直後の額にギアスマーク付きのシスター
CC自身だろうか
さらに枢木神社
これはルルーシュとスザクが過去に遊んでたシーンの場所だろうか
ギアスマーク形状の痛々しい胸下の傷
第1次世界大戦のような戦場にいる
左目にギアスを持つ少女
「私が開かれる」
黒い画一化された人間の徘徊
苦痛の表情の髑髏の複合体
前回の
「雪は~自分の事を忘れてしまった」
という台詞
「やっと名前を呼んでくれたね」
という子供に語りかけるような口調
そして本名を聞いて黙り込むルルーシュ
「人間らしさなど」と自虐するCC
「忘れたんだ全部…名前なんて」
あの口パクのシーンで読唇できる人もいそうやけど
ルルーシュが態度を改めるくらいやから
知っている人物の名なのだろう
少なくとも
うちとしてはCCは複数の人物の複合体としての
一つの意識を同じくする複数体なのではないかと
複数体ではないにしても人格複合体はありえる
例えば現在のCCの肉体はある人物を素体にして作られており
その素体の人格をもとりこんで「CC」なのではないかと
そしてその素体の人物がルルーシュの知る人物という事だろう
母性有でルルーシュが知るといったら…だが置いといて
それでCCとしては主人格は素体の人物であるが
複数の人格と複合している為、自身を自身と特定できない
複合体CC人格であるが素体人格でもあるという状態
それで「雪の~」のくだりの台詞という事だろう
もはやどの人格が自身なのかわからず境界性を失っているのが今のCC
私であり、私ではない
こんな所だろうか
まだCCは断片的なので特定はできないが
というかやはりCCはヒロインの地位やね
実際ヒロイン(女主人公)ってのは別に主人公の意中の相手である必要はないし
キャラ好きの人はヒロインが誰かで揉めるけど
どちらかというとそういう場合は
「俺の嫁」っていう言い回しの方が実は当たりの気も
 

★// 今週のオレンジ
なんとCC研究チームと遭遇
拾われたかは判らないが
これはフラグだろう
しかも左目を負傷してるみたいだし
オレンジが活躍する日も近い??

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。