スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルアーガの塔 第7話 『片羽と踊れ』 感想

ドルアーガの塔 第7話の感想とイラストですよ ドルアーガの塔 カーヤ 腐麗蝶の柩
カーヤを見てるとFF7のエアリスチックなビッチ的可愛さを思い出す

†//続きを読むで感想 *ネタバレ中尉




→第6話『雷光の架け橋』感想はこちら
→第5話『ジウスドラの罠』感想はこちら
→第4話『バンド・オブ・ハンド』感想はこちら
→第3話『旅立ちの前に』感想はこちら
→第2話『塔内都市メスキア』感想はこちら
→第1話『ドルアーガの巨塔』感想はこちら
→公式サイト




†//キーワード

①龍殺しの真相
♪ストーリー
 突如ウルク軍の眼前に片羽のドラゴンが立ちふさがる
奮起するウルク軍を懸念し、龍殺しのニーバに期待をよせるジルだが、彼は消極的だった。
ジルはケルブに登頂者達との共闘を直訴するが、軽くあしらわれてしまう。
副官のエタナに僅かな金で集めてみろと持ちかけられ、登頂者達に必死に説得を試みるジルだが収穫は無し。
しかしクーパらの詐欺まがい勧誘によりついに登頂者達がウルク軍の加勢に向かう。
いざ決戦の時、劣勢になりかけたジルらにニーバが助言をし、ドラゴンは討伐された。




†//評価というものは後から付いてくるもの

 今回は、やっとこさファンタジーっぽいバトルに
ちょ~っと今までのバトルは地味なのが多かったからね
といっても戦闘自体はやっぱり地味でした

いやドラゴンが敵なのですが、本来のファンタジーっぽい
地味な罠や、とりついて槍ぶっさしたりっていうのだからね
モンスターハンターを思い出しました

今回はウルク軍だけだと危険と思ったジルが登頂者らに呼びかける訳ですが
名誉に餓えている登頂者らならまだしも、生活としている彼らに
いくらハッパかけても仕様が無いんだよね

人を動かせるといのは一律ではなくて、その個人らの願望を揺さぶらないといけない
そしてなんだかんだ言って言いだしっぺは期待とリーダー扱いをされるもの
動かした上で功績を挙げられれば、その人物は評価を与えられるものです

カーヤらはよく判ってらっしゃる。動機はやっぱり明確な見返りが無いとね。
そもそも、ドルアーガの最澄を目指している者の大半が、
名誉と宝という見返りを求めているのですからね。

中間達の勧誘活動により人は集まり、行動を評価したニーバはジルを助言
それによりケルブとともに突貫しドラゴンを倒せたジルは登頂者からも軍からも評価を受けました。
人に認めさせるには、結果も大事だけど、憧憬を抱かせるだけの過程と注目が無ければならない。

そこらへん、おそらく過去のニーバは足りなかったのでしょうね。
だから"龍殺し"の名も、なかば汚名に近い扱いをされている
ていうかサキュバスさんは何を知っている






↓今週にアップした絵たち
ガンダム00 ティエリア バニーガール 腐麗蝶の柩 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 ルルーシュ カレン CC スザク ユーフェミア コーネリア 腐麗蝶の柩 ガンダム00 CC シーツー 腐麗蝶の柩
↑左からティエリアバニーガール、WEB拍手にてコードギアストランプ50枚ランダム、CC(シーツー)

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドルアーガの塔第7話「片羽と踊れ」まっくろくろすけ…

・ジルたちご一行まっくろくろすけみたいなのに襲われる一行大群と眠りのダブルで相変わらずのピンチ何か危なげない回なんて1度もありませんね。。ニーバに助けられ事なきを得る・ウトゥ意外に料理に詳しいクーパの料理を食べて一発で隠し味のなまこを見抜くとは…なまこ...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」

竜退治。

ドルアーガの塔 第7話 ドラゴンを倒して美肌艶々!

■第7話 片羽と踊れ ファンタジー世界No1のモンスターと言えば やっぱりドラゴン! 7話目にして早くもドラゴンと戦う話がやって...

「ドルアーガの塔~theAegisofURUK~」第7話

第7話「片羽と踊れ」ケルブ将軍率いるウルク王国軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀なくされていた。そんな事態を、ジルは彼とは別のパーティを組む登頂者の兄・ニーバなら打開できるのではと期待を寄せる。なぜなら彼は過去にドラゴンを倒したことが...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」

中盤からの対ドラゴン戦は圧巻。 前回よりは良くなりましたが若干まだ引きずっていたっぽい作画の弱さだけが気になりましたが、超巨大なドラゴンと統制の取れた騎士達、そしてわらわらと群がる荒くれ者共が渾然となり、猛烈なバトルシーンとなっておりました。 理を解...

ドルアーガの塔第7話『片羽と踊れ』感想

いっやー!ドラゴン(と兄ちゃん)が出てくると俄然テンションが上がりますね!!久々にドキドキしました(≧∇≦)一行はイキナリ真っ黒くろすけの団体さんに襲われてます。しかもまる三日三晩。眠ったら最期だそうで。今回もユル~いお話なのかと思いきや、とんでもなかった...

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第7話「片羽と踊れ」感想

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第7話「片羽と踊れ」です。 今週のドルアーガの塔。てゆか次回予告に原作者の遠藤さんきたー☆本編は王道なドラゴン退治のお話でジル(cvKENN)も大活躍。面白い回でした。 ニーバ兄(cv

「片羽と踊れ」 ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第7話

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」  ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀な...

ドルアーガの塔 第07話 感想

 ドルアーガの塔   第07話 片羽と踊れ  -キャスト-  ジル:KENN  カーヤ:折笠富美子  アーメイ:早水リサ  メルト:郷田ほ...

ドルアーガの塔 第7話 「片羽と踊れ」

ドラゴンとウルク軍の衝突で多くの犠牲者が出るのを見過ごせないジルは・・・ 目覚めたら目の前にウトゥの顔がドアップとかそれは驚くw フ...

『ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~』#7「片羽と踊れ」

「いくら正しくたって、たくさんの人が死んでいいはずない!」 突如現れた片羽のドラゴンが、ウルク軍と登頂者の行く道を阻む。 苦戦して...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」 感想。

やべぇ面白ぇwwwwwww ※ネタバレ注意

ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- 第7話 「片羽と踊れ」 感想

やっぱこの作品は、ギャグよりも真面目にやってる回のほうがずっといいな。今回は、ジルとニーバの対比が鮮明に描かれていました。 ドル...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第07話 「片羽と踊れ」

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~   お勧め度:普通   [RPG]   テレビ神奈川 : 04/04 25:15~  BS日テレ : 04/09 25:30~   GyaO : 04/04 25:15~     テレ玉 : 04/09 26:00~   サンテレビ : 04/04 26:10~  三重テレビ : 04/09 27:00~ ...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第07話 「片羽と踊れ」

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~   お勧め度:普通   [RPG]   テレビ神奈川 : 04/04 25:15~  BS日テレ : 04/09 25:30~   GyaO : 04/04 25:15~     テレ玉 : 04/09 26:00~   サンテレビ : 04/04 26:10~  三重テレビ : 04/09 27:00~ ...

ドルアーガの塔~第7話・片羽と踊れ

ドルアーガの塔ですが、巨大な片羽のドラゴンが行く手を遮っています。ジルパーティーは、眠り花にやられそうでしたがニーバたちが助けてくれます。 ドラゴン一匹に親衛隊がかかり切りですが、ジルは協力して一緒に倒そうと思います。しかし、ニーバはこれを見捨てます。...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話

今回は皆で行く手を阻むドラゴンに立ち向かっていくという話。 ジルが言っても皆聞かないのに他のメンバーが言うと聞いてくれるんですね(笑)。 もっとも聴き方が全然違うというかセコイというか巧いというか、特にクーパの意外な才能が素敵でした。 ジル達はニーバ...

アニメ「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」 第7話 片羽と踊れ

ジル、沢山の仲間を得る。 あのサキュバスまじでぶっとばしてぇなぁ。 「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」第7話のあらすじと感想です。 ...

(アニメ感想) ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話 「片羽と踊れ」

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮 ケルブ将軍率いるウルク軍は、突如現れた片羽のドラゴンにより、立ち往生を余儀なくされていた。偵察隊の全滅という最悪の結果がウルク軍を奮起させ、来るドラゴンとの一大決戦に向けて、塔内はかつてないほど殺気立つ。そん...

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第7話「片羽と踊れ」

ファタジーものでも最強クラスの敵ドラゴン。 ゆえに倒した者は「龍殺し」=ドラゴンスレイヤーと称えられるほど。 片羽のドラゴンの出現...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。