スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 Kure-nai 第9話 『貴方と私と』 感想

Kure-nai 第9話の感想イラストですよ 紅 イラスト 腐麗蝶の柩
弥生vsチェンシン。最近は、こういうステキ笑顔がたりない。しかし近親相姦ネタかぁ

†//続きを読むでネタバレ有感想




†//これまでのお話

→第8話『自愛と臆病と』感想はこちら
→第7話『女』感想はこちら
→第6話『貴女の頭上に光が輝くでしょう』感想はこちら
→第5話『望み』感想はこちら
→第4話『才物』感想はこちら
→第3話『偽者の顔』感想はこちら
→第2話『溝と流れと』感想はこちら
→第1話『極夜』感想はこちら
→公式サイト





†//キーワード

①旧家、近親相姦
②過去に大切だったものと、今大切なもの

♪ストーリー
 五月雨荘を出る前に九鳳院の秘密を明かされた真九朗
それは近親相姦で一族を維持してきたというものであり、もまた実兄の子を産む身体だった
の為に決意を新たにする真九朗、最後の別れにと五月雨荘に戻る
しかし九鳳院の次男、龍士はチェンシンらを率いて五月雨荘を襲撃、なす術もなくとの別離が訪れた
その一方で香は蓮杖に何か賭けを申し出ていた




†//明かされた九鳳院の歪み

 ついに九鳳院の狂った仕組みが明かされました
近親相姦で一族を保ち続けたという、江戸川チックなものでした

近親相姦

従兄弟同士ならざらにありますが、兄弟間はさすがに変視されますね
日本では法的に禁止しているのもあるし、
濃い血は、遺伝的欠陥を生みやすいというのもある

(近い遺伝子情報同士の子は弱点もより浮き彫りになるので問題がおきやすい)
(ただ『可能性の上昇』なので一代でいきなり問題が出るか否かは通常と差異は少ない)


ただ、生物的にいえば、問題があるかもしれませんが
社会的には、せざるをえない場合もあったりするのです

なんちゃら一族~系はアレなんです
一族の維持と、主導権の所在が問題なんです

例えばAの一族をメインにおいた場合、
子孫の為にBの一族の女との子を設けると、
その子どもはAとBの血族になる

そうすると、Bの女はAの母として権力を行使する事ができる
そうでなくても、Aの父が死んだ後は、
子の後見人権利などで、AとBとでカオス

こうした事態を避ける為に、本家、分家内の従兄弟で
定期的に女をスライドさせて子をうませるという事はよくある
Aの嫁にA'の女、その娘はA''の嫁に、その娘はAの嫁

そんな中で、兄妹同士の性交は稀有でしょうね
だいたい、 都合よく男女が生まれて、ちゃんと身ごもれるか保障ないですし
それとも、兄弟に限らず一族内ならおkなのかな?

さすがにx蓮杖は無いよね
一親等はさすがにやばいでしょう、濃すぎる






†//リン・チェンシン

 怖い
めっさ怖い
wiki見る限りだと、デザイン変更しているみたいですが、
演出のせいか、めちゃくちゃ怖い

でもあの歪んだ笑顔が堪らない
ああいう狂気はらんだ敵キャラは大好物です
まぁ位置的には、所詮ダースモールっぽいかませ位置ですが

それでも、今回は期待以上に強さを見せてくれました
弥生や真九朗を軽くのしていましたね
こういう地味バトルが好きなのです。いいぞもっとやれ






†//現在と過去

 は、真九朗の大切な人はもういないと言う
だが、今は互いが大切な人だと
それが大事な事だという

既に成熟した台詞で紫の将来が心配ですが
蓮杖真九朗という"男"を比較する上で大切な事だと思う

蓮杖は蒼樹やら、九鳳院の掟やらで過去に縛られている
それは老いると共に逃れられないでしょう
自分が苦しんだ生い立ち以外の事をするのに億劫になる

だから、子にも同じ運命を背負わせる
それが自身が楽だから、考えなくて済むから
保守思想の負の面ですね
ただ、秩序を保つ上で妥当作だという証明でもある

だから、蓮杖は紫の可能性を見ていない、彼女を見ていない
真九朗と、紫は互いを見ている。今を見ている
だからこそ、現状に見合った活路を引き出す可能性がある





†//なぜ角を使わなかったか

 チェンシンにボコボコにされた真九朗
あの角の力を何故つかわないのか?
と思う人も多いでしょうが、今回でも再発言していたように
彼にとって角の力はつかってはいけないもの

彼は角をつかわずに強くなりたい
彼はそう自戒している、目先の力に頼らずに、
自らの意思と身体のみで、彼のもとめる強さにたどり着きたい

それが今回のケースにおいては、紫を守る
だからこそ、権力と、掟という不条理な力を行使する相手には使ってはいけなかった

ただ、力を行使するにも、その原動力である
紫の自発的意思の望みが真九朗に向けられなかった
これは紫にとって真九朗が所詮信用に値せずという烙印を
押されてしまったと、真九朗にはとれてしまう

依頼されたからという気持ちがまだ強い真九朗は
紫からの要求が無ければ、芯が揺らいでしまう、勇気が出ない

次回以降、真九朗が自発的意思で動けば、事態は多少動くでしょう






次回 第10話 『慣れの恐怖』にまた見てよね。。。







↓今週にアップした絵たち
コードギアス ルルーシュ ヴィレッタ 水着 5話 水泳部 腐麗蝶の柩 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 ルルーシュ カレン CC スザク ユーフェミア コーネリア 腐麗蝶の柩 コードギアス ルルーシュ 女体化 妲己 無双 腐麗蝶の柩
↑左から水着ヴィレッタ、WEB拍手にてコードギアストランプ50枚ランダム、女体ルルーシュ妲己

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅 9話「貴方と私と」

'''ベニカから九鳳院の秘密が明かされる…''' == ムラサキが表向き存在しない理由は親近相姦にあったw == {{{なんと九鳳院には九鳳院の血を汚さないという重い習わしがあるようで、それを隠す為にも女子の存在は表向き存在を秘匿されて

「貴方と私と」 紅 kure-nai 第9話

紅 kure-nai 第9話「貴方と私と」 九鳳院家を敵に回すという事の重大さに気付き、紫の護衛を続ける自信を失ってしまう真九郎。そんな真九郎に...

紅 kure-nai 第9話「貴方と私と」

繋がる絆。別れの時。

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第9話 「貴方と私と」

紅 1 九鳳院家を敵に回すという事の重大さに気付き、紫の護衛を続ける自信を失ってしまう真九郎。そんな真九郎に対し、紅香は紫と九鳳院家の隠された真実を語り始める。紫が背負っている運命の重さを知った真九郎は、どんなことがあっても彼女を守り通すことを、改めて...

紅kure-nai 第9話 「貴方と私と」

ああぁぁぁあああ~~~。 予想はしてたけど、やはりこうなってしまうのか。 九鳳院に侵蝕されてる紫が痛々しい・・・!

紅 kurenai 第9話 貴方と私と

ああああああああああくぁwせdrftgyふじこlp; 紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)(2005/12)片山 憲太郎商品詳細を見る ラブホで語り...

幼女の幸せが私の幸せ「紅」

あまりにも辛い苦難というしかありません。愛は障害が無ければ成就しないというのならば、何と純粋で高貴な紫ちゃんの想いでしょう。 幼...

紅 KURENAI 第09話 「貴方と私と」

明かされた九鳳院の衝撃の真実!そして、、( ´Д⊂ 一気に物語の結末も見え始めた急展開の第9話

(感想) アニメ 『紅』 第9話 「貴方と私と」

前回五月雨荘を抜け出した真九郎は紅香さんと一緒の部屋で話をする。 別部屋では、弥生さんが紫の相手をしようとしている… 「カラオケ…やらないか…{/down/}」 子供の相手が慣れてない感じがいいですね{/3hearts/} 真九郎は、紫の護衛という仕事が自分に相応しいのか心...

■紅 第9話「貴方と私と」

 真九郎が拘っていた、紫が九鳳院の人間じゃないかもしれないっていう疑問と、余りにも強大な九鳳院への恐れと。  それを乗り越え、自分は紫を護るって決めても、リン・

紅 第9話「貴方と私と」

このテレビシリーズでは監督の松尾衡が絵コンテを全話(一部共同)切っているからか見せ方に統一感がある。 穏やかな日常は緩やかに、緊迫した事態では密度の濃い時間を我々視聴者にも提供してくれ、紫と真九郎の揺れ動きながらも成長する姿とともに作品に参加しているよ...

紅 kure-nai 第9話 「貴方と私と」

ひどいよ~(。ノД`。)

紅・第9話

「貴方と私と」 五月雨荘を脱した真九郎と紫。落ち込む真九郎は、紅香に尋ねる。九鳳院のこと、紫のこと…。そんな彼に、紅香が伝えたのは...

紅 kure-nai 第9話「貴方と私と」

もともとドロドロとした雰囲気は感じられたこのアニメだけど、ここに来て九鳳院の秘密や紫生い立ちなどの真実が分かるなど、余計ドロドロと、さらに重苦しく、これまでの楽しいエピソードが思い出されるだけに、その思いは強く……とにかく切なく遣り切れないエピソードで...

紅 kure-nai 第9話「貴方と私と」

『九鳳院家を敵に回すという事の重大さに気付き、紫の護衛を続ける自信を失ってしまう真九郎。そんな真九郎に対し、紅香は紫と九鳳院家の隠...

【アニメ感想】 紅 kure-nai 第9話 「貴方と私と」

もう9話ですか…この作品も クライマックスに近づいてきたので話が徐々に動きを見せてきました = 感想 = [[attached(1,center)]] {{{ 九鳳院家を敵に回すという事の重大さに気付き、紫の護衛を続ける自信を失ってしまう真九郎。そんな真九郎に対し、紅香は紫と...

紅 第九話「貴方と私と」 感想。

環さんが弱い…… ※ネタバレ注意

紅kure-nai 第9話「貴方と私と」

紅 1  さみだれ荘に居ることが九鳳院にバレてしまい、一時非難する真九朗と紫。  真九朗はそこで、紅香から紫にまつわる九鳳院の真実を教えてもらう。  紫は兄弟の子供を産むためだけに存在し、奥の院に隔離される存在だったのだった。  真九朗は再度紫を守り...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。