スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 Kure-nai 第10話 『慣れの恐怖』 感想

Kure-nai 第10話の感想とイラストですよ
のEDです。ちょっと間奏がくどい所があるけど結構好き。OPはすぐ飽きちゃったなぁ…

†//続きを読むでネタバレ有感想




†//これまでのお話

→第9話『貴方と私と』感想はこちら
→第8話『自愛と臆病と』感想はこちら
→第7話『女』感想はこちら
→第6話『貴女の頭上に光が輝くでしょう』感想はこちら
→第5話『望み』感想はこちら
→第4話『才物』感想はこちら
→第3話『偽者の顔』感想はこちら
→第2話『溝と流れと』感想はこちら
→第1話『極夜』感想はこちら
→公式サイト





†//キーワード

①失くして気付く大切なもの
②"誰を"見ているのか

♪ストーリー
 のいなくなった部屋、慣れていく日常でも何かが足りない。真九朗は"次の仕事"が大事と強がる。
だがその埋められない喪失感は彼を戦いへと導く。香の静止も振り切り、彼は九鳳院と
戦う事を決意する。弥生も同様の想いだった。香はついに折れ、3人は九鳳院へと乗り込む。




†//真九朗が望む強さの答え

 香が蒼樹と契約したのはに恋愛を経験させる事
いいかえれば、九鳳院以外の人と接する事、それ以外の世界がある事を知らせる事
それによって自身が渇望する事を促したかったのね

真九朗さんは、予想通り、との事を"仕事"と割り切り忘れようとしていた。
銀子も夕乃も、どう考えてもおかしい態度の真九朗を心配してますね

でも彼はすぐに気付いてしまう訳ですね。
そんな割り切る事が、 自分の求めていた"強さ"なのか?と

彼は自分の心の強さを高めたかった。
とかなんとかいっても、実際に強大な敵を前にしてびびってしまった
"仕事"と割り切っていたのは、香のソレとは違う、体のいい言い訳
体裁を取り繕う事で、強くある事から逃げていたのだ

彼が今まで、自分が弱いと感じていたのは、その矛盾に気付いていなかったから
香のいう事を聞いて生きていく事に甘え、自らの信念を持つ事を怠っていた。
以前のおばあさんの件もそう。彼が誰かを救う為に戦うなら、あそこで戦っているべきだった
彼の憧れている香は、そういう人であり、かつ最適な行動を起こせる人なのだから。

という"守りたい"人を失った事で、ついに彼は自らの弱さの本当の姿に気付く。
自らがどうすべきかを知るには、自らを裸にして、客観視する必要がある。
その為には、 自らの正否を真摯に見つめてくれる存在が必要。
互いに互いを補いあう事によって自分に必要なものが見えてくるから。

何にしてもやっと真九朗は、自分の意見を持ちましたね。
周りの誰もが、の本当の気持ちを無視して、役割を押し付けている。
紫は真九朗を必要としているのに、それを見てあげなくてどうするのか?
誰が紫の本当の気持ちを
掬い取ってあげられるのか?

真九朗しかいない
紫には他の誰でもない、真九朗の言葉を必要としている
それに答えてあげるのが真九朗が求める本当の強さの形だろう





†//今週のリン・チェンシン

 相変わらず怖くてステキです

今週は車での仕草といい、待っている姿といい
とにかく狂犬ぽくてカッコいい

弥生さんは弥生さんで、過去トラウマがあったり
なんていうか、依頼主に対して恋女房みたいだったw
依頼主への過度な護衛はそのトラウマからだったのね
でも途中、結構サボり気味だったけどねww

来週の弥生VSチェンシンのバトルが楽しみだぜ!






次回 第11話 『われ思考う』もまた見てよね・・・






↓今週にアップした絵たち
コードギアス ルルーシュ アーニャ 朝比奈みくる 腐麗蝶の柩 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 ルルーシュ カレン CC スザク ユーフェミア コーネリア 腐麗蝶の柩 コードギアス ルルーシュ 女体化 妲己 無双 腐麗蝶の柩
↑左からアーニャみくるコス絵、WEB拍手にてコードギアストランプ50枚ランダム、女体ルルーシュ妲己

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅 第十話「慣れの恐怖」 感想。

久しぶりに感想書く気がするが…… ※ネタバレ注意

紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」

手のぬくもりよりも体のぬくもり、そう言った環さんと闇絵さんがダブルでのハグハグ。お互いの繋がりを忘れないようにとの、嬉しくもあり少し激しい大人2人の愛情表現。ここは面白いシーンなんだけど、それよりも2人の真九郎に対する深い思いに感動してしまいました。

紅 第十話

 九鳳院家に連れ戻された紫。彼女には最早、自分がこぼしたお茶を自分で拭く自由さえ

紅 10話「慣れの恐怖」

'''やはり紅は今期の中でズバ抜けておりますの~''' === ムラサキが消え腑抜けになるシンクロウw === {{{前回の流れからして精神的に参ってしまうのかと思われたが、シンクロウ本人は無関心で誤魔化そうとしているみたいで…}}} '...

紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」

「オレンジ。オレンジがいい」 :y=-( ゚д゚)・∵;; ターン 『オレンジ』って言った直後に撃たれたから、犯人はジェレミア・ゴットバル...

紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」 感想

少年に勇者の剣を授けよう(金) な第十話「慣れの恐怖」の感想

紅 -kurenai- 第10話 「慣れの恐怖」

紫は九鳳院に奪われ… 自分の無力さを思い知った真九郎。 紅香は、気持ちを切り替えさせるために引越しをを命じる。 紫とすごした思い出の...

紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」

逃げない強さ。

「紅 kure-nai」10話 慣れの恐怖

真九郎が紫を喪失することで見事に腑抜けになってしまった。完全に女に逃げられたダメ男の様だった。何やっていいかわからずに手持ち無沙汰...

「慣れの恐怖」 紅 kure-nai 第10話

紅 kure-nai 第10話「慣れの恐怖」 紫を九鳳院家に連れて行かれてしまったことに、ショックを隠せない真九郎。みかねる環や闇絵。そんな真九...

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」

紅 1 紫を九鳳院家に連れて行かれてしまったことに、ショックを隠せない真九郎。みかねる環や闇絵。そんな真九郎に弥生は、過去に自分が仕事で犯してしまった失敗を語り、紫のことはすぐに忘れたほうがいい、とアドバイスをする。それを聞いても吹っ切ることができず、...

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」

紅 1 紫を九鳳院家に連れて行かれてしまったことに、ショックを隠せない真九郎。みかねる環や闇絵。そんな真九郎に弥生は、過去に自分が仕事で犯してしまった失敗を語り、紫のことはすぐに忘れたほうがいい、とアドバイスをする。それを聞いても吹っ切ることができず、...

紅kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」

血が繋がっているから“家族”になれる訳ではなく、 血が繋がってなくても“家族”になれる場合もある。 そんなコトを感じた紅 第10話。

ロリコンの敵は人類の敵「紅(くれない)」

一人ぼっちの女の子を見捨てて、どの国でどの社会で正義を語れると言うのだ。親族の親等が近かろうが財力権力武力知力が高かろうが、それで...

紅 KURENAI 第10話「慣れの恐怖」

久しぶりに感想ー前回ボッコボコにやられて、サブタイからみて落ち込む話というのは予想してたけど、意外にも普通に割り切ってたー日常生活に戻ってるw真九郎カキ食べたことないのかぁ危険な仕事してるのにお金ないのは相変わらずなのねぇ、ちょw弥生さんもかよっ!^^...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。