スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキレイ-sekirei- 第12話『縁ノ鶺鴒』感

感想 イラスト セキレイ sekirei 12話 12話 おっぱい 腐麗蝶の柩
†: ↑月海『てめぇ、さっとと出てきて戦えばヨカタじゃねぇか!!』        


†//続きを読むで感想 ネタバレあり






†:これまでの感想



→第11話『鶺鴒紋消失』感想はこちら
腐麗蝶の柩
→第10話『脱出前夜』感想はこちら
→第9話『比礼ト風』感想はこちら
→第8話『閉ジタ帝都』感想はこちら
→第7話『黒ノ鶺鴒』感想はこちら
→第6話『出雲荘花軍』感想はこちら
→第5話『水ノ鶺鴒』感想はこちら
→第4話『出雲荘奇談』感想はこちら
→第3話『緑ノ少女』感想はこちら
→第2話『新屋ノ扉』感想はこちら
→第1話『セキレイ』感想はこちら
→公式サイト












†:ストーリー



♪  結はやられた。だが、その時、彼女の体内に眠るNo08セキレイ『由愛』が 目覚める!!そしてその驚異的な
腐麗蝶の柩
力で討伐部隊を全て撃破。 久能達も無事脱出し、ここにセキレイ計画における一端の決着が着いた。












†:素晴らしい背筋&腋アニメも終わり



   とりあえず販促アニメにはなったのではないでしょうか。
腐麗蝶の柩
鴉羽『その時、結にイデが発動した…。』
 そんな訳で、どうやって結の鶺鴒紋が消失した状態から 反撃するのかなと思っていたら、何と体内に由愛さんが居たとは。 という事は結には鶺鴒紋が二つあったという事なのかな?。 回想とかで出てきた由愛さんと結のシーンの時に鶺鴒紋を移したみたいな。 でもそうすると由愛さんの人格まで移されるのがちょっと納得いかないが…。 しかし最終バトルがギャグ調で終わったのは勿体無いなぁ。




 ジャイアントスウィングにこの作画ですからね(汗)。 しかし何だかんだで全体的にアップのシーンの
腐麗蝶の柩
由愛『これがイデの力だ…!!』
作画は崩れませんでしたね。 12話の間、見事な筋肉美を魅せてもらいました♪。 特に背筋と腋から肩にかけての筋肉の作画が最高。 見習いたいものどすぇ。 ストーリーは完全に原作の販促アニメかしらね?。 2期やるのかは知りませんが、充分なものだったと思います。 販促アニメはこうあるべき♪。 まったく原作を買いたくならない販促アニメがあったなぁ。 スザクの中の人が主人公やっていた…。




でも伏線はバリバリ残していましたね。 東西南北の話や、ちろっとあった篝たんのおっぱいとか。
腐麗蝶の柩
月海『俺達ダメンズウォーカー!!!。!』
 そういう伏線が気になる人は原作を買えという事かしらね?。 うちは買いませんけど♪。 原作は筋肉が足りない(ェ)。 でも人気が継続していたとしたら二期もありえるかもしれない。 原作は何やらクライマックスみたいですし。 でもストックが足りないって話は聞くしナァ難しいかも。 しかし皆人こそ無能だったなぁ。久能の葦牙みたいに男を見せる場面が あったら、少しは鶺鴒達がやたら心酔するのも納得できたのやけど・・・ あれかしら。メイン6人の鶺鴒は皆、ダメンズウォーカーなのかしら♪





腐麗蝶の柩
おっぱい『1クール御付き合い戴き有難う御座いました!!別記事でも幾久しく♪』
読者様、コメントの方々、TBの方々お世話になりました。次のアニメでも又ご贔屓に~。
 












原作セキレイも幾久しくv

テーマ : セキレイ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セキレイ 第12話「縁ノ鶺鴒」

第12話「縁ノ鶺鴒」 上手くまとめた最終回。2期を是非とも

「セキレイ」最終話

最終羽「縁ノ鶺鴒」(終)県境にある橋を目前にして、皆人たちの前に紅翼と灰翅と名乗る2羽のセキレイが立ちはだかる。彼らは、ルールに違反したセキレイたちを粛清するための懲罰部隊だった。恐ろしいまでの強さを持つ彼らを相手に、久能は自身にかかる負担が大きいため...

Navigation297 縁の鶺鴒 セキレイ

最終羽 縁の鶺鴒

セキレイ 第12話「縁ノ鶺鴒」

復活。

(アニメ感想) セキレイ 第12話 「縁ノ鶺鴒」

セキレイ 壱 【通常版】 懲罰部隊の猛攻に結の鶺鴒紋が消失! 久能の「ふにゃふにゃのうた」もその場しのぎにしかならず、駆けつけた月海も懲罰部隊に追い詰められてしまう。ひとり敵に立ち向かおうとする皆人だが、その時、機能停止したはずの結が再起動!?その身体

セキレイ 第12話 「縁ノ鶺鴒」

6週ぶりのアニメ感想です。 今まで、サボっててすいません(滝汗 そろそろ来期視聴アニメリストうpします。

セキレイ 12話「縁ノ鶺鴒」【感想】

結の鶺鴒紋が消失。どうする皆人。 様々な伏線を残しつつも、とりあえず最終回。 月海も駆けつけたが、あんまし役に立たず。 皆人の愛...

セキレイ 第十二羽「縁ノ鶺鴒」

セキレイの最終話を見ました。第十二羽 縁ノ鶺鴒県境にある橋を目前にして、皆人達の前にルールに違反したセキレイを粛清するための懲罰部隊である紅翼と灰翅と名のる2羽のセキレイが立ちはだかる。「逃げろ、久能!!」「ハルカ様!!」恐ろしいまでの強さをもつ彼らを相手...

セキレイ 第12話(終)

第12話『縁ノ鶺鴒』セキレイ 壱 【完全生産限定版】最終回、果たして帝都脱出は成功するのでしょうか?

セキレイ 第十二羽(最終回)

最終回は、結の中からナンバー08の結女が現れるお話でした。 突然08と描かれて起き上った様は一体何事かと思いましたよ。 懲罰部隊の筆頭だったとのこと、なるほどあの2人を軽々放り投げるとは強い強い。 結の鶺鴒紋が消えてどうしようかというところ。 でも久...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。