スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!『キャラを重視する事による"物語の制約"の打破』

とらドラの記事をにほんブログ村で探す ネタバレ
とらドラ 腐麗蝶の柩
テーマ破綻と可能性






†:本文。



とらドラ 腐麗蝶の柩


 龍司と大河が、弱い勇気を補い合う為に二人が力を会わせるという考えに好感

しかも1話のタイトル『虎と龍』
今回のタイトル『竜児と大河』
【記号として見られていた自分】と、
【本当の自分の個性と主張】とを掛けている。










とらドラ 腐麗蝶の柩


 自分の事を上手く表現できずに回りに誤解を生んでいる事、
其れを覆せない自分に対して大河は苛々している。



 そして自分の勝手な都合で子供を振り回す親を持つ大河。
上手く相互コミュニケーションが出来ない家庭環境にあるからこそ、大河は人一倍、他人との関係性を求め自分に素直になりたかった。

 同じように自己主張が下手なせいで周りに誤解を生んできた龍司は大河の不器用な願いに自分を重ね合わせ協力する事を決意する。この決意の為に1話つかうというのは実に丁寧。









とらドラ 腐麗蝶の柩


 さらに2話にして北村君に大河が振られる場面。

直接表現を使わずフォローを考えて遠まわしに言う、彼の人間性が把握できるシーン。
後にこの時は彼自身が他に思い人が居る為、大河には明確に断りを入れていたという配慮が判る。


振られても大河は諦めず再チャレンジを決意。その最大の理由が龍司が横で支えているから。
某一部の作品なら、龍司に乗り換えてしまうシーン。 しかも終盤にやるアクション。
人の心模様はそんな昨日明日で切り替わるような単純なものではないというシーン。
背景に様々な理由があればある程、諦めはつかないもの。実に丁寧なシーンでした。









とらドラ 腐麗蝶の柩


 だが完成されている1・2話だからこそ、後に違和感を残していく事になってしまう。


つまり1・2話で作品として完結しているのだ。


その後の描写は、大河と高須の物語アフターといっても過言ではない。物語というものは主題を描写したらそこで完結してしまう。この後の「とらドラ」と、1・2話の「とらドラ」は殆ど別モノといっていい。









とらドラ 腐麗蝶の柩


 川島は?父親との物語は重要、複雑な恋愛模様の結末は?

川島の物語は川島のテーマであり、父親の設定がそれだけ重要なら1巻に値する1・2話で切り捨てたりしない、あくまで背景設定なのだ。複雑な恋愛模様は、とらドラという長いスパンの物語の持続につかわれる大道具にすぎない。次々と展開される恋愛模様がリアリティあるともいえるかもしれないが、初回のテーマとは違うベクトルになっている。初回は周囲に作られた自分と本当の自分による葛藤と、自己変革としての告白だが、アフターは友達関係の現状維持と恋愛による崩壊のジレンマに移行している。これは1・2話とらドラと似て非なる別次元のとらドラアフターなのだ。









とらドラ 腐麗蝶の柩


 確かに根底には『今を変える一歩』というモノが共通しているが、方向性が違う為、別作品となっている。根底が同じでも作品としてベクトルの違うテーマを描く場合、同じキャラクターを使用していると、前のベクトルからの様々な蛇足が生まれる。とらドラアフターのテーマでは、大河や高須の「周囲の評価」「家族関係の確執」背景設定は全て蛇足になっている。むしろアフターは凡庸なテーマであるので全員、より普通の設定でもいいくらいだ。








とらドラ 腐麗蝶の柩


 だが逆に考えれば、それがライトノベル、或いは漫画的小説の強みともいえる。普通の様々なリアリティを要求されてしまう完結した小説や物語づくりでは、こうした理由から、一つの起点からの広がりが許されない。物語に不要な装置はなるべく省いていかなければならない。



漫画・ライトノベル的な作りは、受け手も作り手も無意識にその制約を自由化している節がある。









とらドラ 腐麗蝶の柩


こうした作り方はとらドラのように「物語」としてのリアリティと完結はおろそかになりがち。
だが、其処に生きているキャラクター達は、多面性や、複雑な思考変化を持ち、「物語」の敷いた一つの筋道に捉われない事が可能である。ひいては作者やテーマの縛りを越えられる自由性を持つ。









とらドラ 腐麗蝶の柩


漫画・ライトノベルは、「とらドラ」のように、ある一点だけを見ると非常に良くできているが、全体を俯瞰すると、とても歪な出来上がりのものがある。だがその歪さは、本来の人間の人生に近いのと言えるのでは無いだろうか。人間の人生は必ずしも洗練された美しいレールをたどるものではない。



ある考えを持っていたり、境遇にあったとしても、十人十色の全く整合性のとれていない行動や思想変化を様々に行っていく。それがある終点に行く事が決まっている「物語」と「人生」の違いだ。









とらドラ 腐麗蝶の柩


漫画・ライトノベルでいう「キャラが一人歩きをする」という現象。


作者の考えをキャラが自由に超えていく漫画・ライトノベル的であるからこそ、

「物語」でない「人間」的な

キャラクターの「人生」を描く"可能性"
があるのかもしれない。









にほんブログ村
→記事が面白いと思われたら押していただけるとうれしいです。

テーマ : とらドラ!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とらドラ! #01

とらドラ!1(2006/03/25)竹宮 ゆゆこ商品詳細を見る とらドラ! 第1話 新アニメ 第1弾 来週以降は、わかりませんがwww

[新]とらドラ! #1「虎と竜」感想

原作が面白いと聞いて視聴 キャラデザひどすwww くぎみ~ 今10月なんですけど 始業式に少し違和感ww 典型的釘宮キャラだな~(;゚∀゚)=3 声の使い分けできてるのか? ラブレターを入れ間違え、大河の弱み?を握った竜児 家に不法侵入までして殺すと...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

第1話「虎と竜」 全体的には期待通りかと

「虎と竜」 とらドラ! 第1話

とらドラ! 第1話「虎と竜」 超弩級のドタバタ学園ラブコメここに始まる! その目つきの鋭さ故不良に見られてしまうことを気にしている...

とらドラ! 第1話「虎と竜」 感想。

新アニメ第一弾だぜ。

『とらドラ!』 第1話 「虎と竜」 感想

これはいいコメディ。新番組第一弾から楽しめました。『とらドラ!』 第1話 「虎と竜」 の感想です。 ラノベ原作ですが未読で、予備知識...

とらドラ! 第01話 感想

 とらドラ!  第01話 『虎と竜』 感想  -キャスト-  高須 竜児:間島淳司  逢坂 大河:釘宮理恵  櫛枝 実乃梨:堀江由衣  北...

とらドラ! 第1話 「虎と竜」

危惧の念を抱いています。 秋新作アニメ第1作目になってしまいましたこの「とらドラ!」という作品。 原作は小説なのですが、私も3~4巻まで持...

とらドラ! #1「虎と竜」

2008年秋アニメその1! くぎゅに犬と罵られるアニメw 最終回の熱が冷めずに秋アニメ突入です。またよろしくお願いします。 原作は2巻まで所...

とらドラ! 第1話

公式サイト:http://www.starchild.co.jp/special/toradora/ 原作は人気らしいですけど私はさっぱり知りません。 そんなのはいつものことですが、数少ない関東と放送時間差が全くないアニメなので気にはしていたんですけども。 そんなに期待はしておらずだったことも...

とらドラ! 第1話 虎と竜

犬 再び

とらドラ! 第1話「虎と竜」

・CM 「とらドラ!」のED、「バニラソルト」のCM。 放送前にやってたようですが、ようやく見る事が出来ました。 ・本編 「本当…?...

とらドラ!#1

私の視聴地域では新番組第1弾となりました。原作は未読です。 アバンの朗読(?)の雰囲気が、HPなどから予想してた雰囲気と全然違ってたので興味をかきたてられました。 どたばたのコメディを繰り広げつつ、そういう所をしっかり描いてくれるなら、これは期待していい...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

とらドラ!の第1話を見ました。第1話 虎と竜「嘘っぱちだ、こんなもん」雑誌をごみ箱に放り捨てた時にごみ箱が倒れてしまいその時にカビを発見してしまう高須竜児は『高須棒』で掃除を始める。『この世界の誰一人見たことがないものがある。それは優しくて、とても甘い。...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

ちっこくて細身の女の子がジタバタ暴れるアニメって好きなんで、その意味では楽しかった。 ただ、お話の方は凡庸。 木刀を振り回す美少女とか、ロッカーから転がりだしてくるとか、このいかにも今風のライトな感覚。 確かに楽しくはあるんですが、シチュエーションラ..

とらドラ!第一話「虎と竜」【釘宮病】【感想】

その目つきの鋭さ故、不良と見られることに気にしている高須竜児。 ワガママで短気、傲岸不遜な「手乗りタイガー」こと逢坂大河。 とらド...

「とらドラ!」第1話

それぞれに悩むところのある高校生たちが織りなす恋愛模様を描くラブコメ作品。タイトルは、本作の登場人物・逢坂大河のあだ名「手乗りタイガー」(とら)と高須竜児の「竜」(ドラゴン)に由来する。第1話「虎と竜」その目つきの鋭さ故不良に見られてしまうことを気にし...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

約束。

とらドラ!第1話「虎と竜」

「わたしたちの田村くん」で、ゆゆこワールド?ゆゆこ節?に、 はまってしまったべっ子さん、その2作品目となる「とらドラ!」がアニメ化され、 その第1話が放送されました。 放送前からキャラ画の事で批判を受けてきた「とらドラ!」 自分が好きな作品なだけに、...

とらドラ! 第1話「虎と竜」感想

どんどん始まってきました秋アニメ。とりあえずとらドラ!も書いていく予定です。 ・あらすじ(wikiより抜粋) その目つきの鋭さ故不良に見られ...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

遂に始まったー!! ヤッホーイ! 竜児が家庭的過ぎるww それとEDの歌詞がツンデレ過ぎて吹いたw 面白かったから次回も期待。

とらドラ! 第1話『虎と竜』

新アニメ第1弾は「とらドラ!」。原作未読。 しかし釘宮理恵さんのツンデレはどうしてもシャナと被る自分です。 特に『うるさい!』とか言われるとね(苦笑) と思ったら制作会社がJ.C.STAFF・・・やはりシャナ繋がりか?!

(アニメ感想) とらドラ! 第1話 「虎と竜」

とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11) 春、始業式に向かう高校2年生・高須竜児の足取りは重かった。鋭い目つき故に生徒たちから恐れられていた彼は、親友の北村や、想い人である実乃梨と同じクラスになった喜びを除けば、まずは新しいクラスで皆にその誤解を解く必要が...

とらドラ! 第1話。

『とらドラ!』 第1話 『虎と竜』。 ストーリー概要は…。 春、始業式に向かう高校2年生・高須竜児の足取りは重かった。鋭い目つき故に生...

とらドラ! 第1話 「虎と竜」

いよいよ秋アニメスタートですが、 一発目から気の抜けない作品。 というのも、これの原作のライトノベルのファンなんです、自分。 なので...

とらドラ!(1話)「虎と竜」

1話「虎と竜」当ブログでは秋アニメの2つ目の感想作品になりますが…これは、どうし

とらドラ! 1話 「虎と竜」

目つきが異様に悪い男 高須 竜児 手乗りタイガーこと 逢坂 大河  そんな二人の物語。冒頭の竜児の目つきの悪さに噴いたwこれは確か...

とらドラ!第1話 「虎と竜」

アニメとらドラ! 発言者:→宵里、→春女です。

『とらドラ!』『屍姫赫』1話簡易感想

今日の深夜に「ブラスレイター」の批評をアップ予定。で、ついに始まりました秋の新番組、予定ではごく少数しか見ないつもりだったけど、や...

とらドラ! #01

10月期新番組1本目。#01「虎と竜」父親譲りのイカツイ目つきのせいで、周りから誤解を受けてしまう高須竜児。

とらドラ! 第1話 「虎と竜」

2008年秋新規アニメその1 原作は未読。 何やら原作は面白いとう評判は聞いていたので、期待していた作品。

とらドラ! 第1話 虎と竜

 プレパレード/逢坂大河(釘宮理恵),櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨)[CD] 実乃梨=ほっちゃん 可愛いかも。 キャラで見るしかなさそうだが、そうなると 実乃梨ちゃんか。

とらドラ! 第1話 「虎と竜」 感想

まったくノーチェックだったこの作品なのですが、1話を見てみてびっくり・・・。 これ良いです!面白い!今、ものすごい拾い物をした気分で...

とらドラ!第1話「虎と竜」

 高須竜児は、進級したばかりの高校2年生。巨大なマンションに日照権を奪われている自宅に母親の泰子との2人暮らし。ちょっとしたカビを発見すると、すぐに掃除を始めるほどの几帳面な性格だった。「竜ちゃん捕まえた。何してるの?」息子とは正反対にずぼらで、Hな下...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

十月に入り新番組の季節がやってきました~~ 今期はできるだけ多くの作品の感想を書いて行こう~~が目標です・・・ いつもクール初めは、そんなこと言ってんだけど気づくといつも二つぐらいになっちゃってんでけど・・・ よし!目標微妙変更~~今期は広く浅くをモッ...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

人形みたいに小さくて可愛らしい大河、 目つきが悪くヤンキーと思われている竜児。 ふむ、この二人がメインキャラですか。 原作のラノベ見...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

StarChildとらドラ! テレビ東京・あにてれ とらドラ! 当然、原作未読、タイトルだけは知っていた…という、当ブログではお約束のパターンなのですが…。 逢坂大河→北村祐作、高須竜児→櫛枝実乃梨って図式から始まる逢坂大河=高須竜児へ向かうラブコメなのでしょ

とらドラ! #1「虎と竜」

「逢坂ぁああ!逢坂!逢坂!逢坂ぁああ!  俺に、どうか俺にここんちのキッチンを  掃除させてくれー!」 竜児@マジーのこの叫びが素...

とらドラ! 第1話 釘宮病T型に感染の恐れがあります

この記事はネタばれを含んでいます 了承のうえ記事をごらん下さい また自分自身あれもこれもとアニメレビューができるほど 余裕がないので 特に印象に残った話や 最初の一話 OVAや限定ものなどに限って レビューをしていくつもりです 以後よろしくお願

【新番組】とらドラ! 第1話「虎と竜」

こういうのを「ライトノベル的」とでも言うのでしょうかね……原作がラノベなんだから当たり前なんだけどw もう典型的なんですよね。設定やら受ける雰囲気やら……別に悪い意味で言ってるのではないですよ。クセが無く見やすくて印象は悪くなかったですから。大河ちゃん...

とらドラ! 第1話・「虎と竜」を観て寸評

 さて始まりました、私にとっての新番組第1弾であります。原作は例によって未読、原作絵師さんは好み、そして放送前の設定画で喧々囂々、と始まる前から前途多難だった作品ですが、さてその内容は…?  …うーん、ヒロインが可愛いのはまず大前提として、あの傍若無人

とらドラ! 第1話「虎と竜」

10月に入ったので、いよいよ2008年10月期アニメも開始ですね♪ そんな第1弾は、とらドラ!ですよーん。 てか、私の期待してるアニメの一つなの...

とらドラ! 第1話 「虎と竜」

とらドラ!始まりましたね!{/kirakira/} 間島淳司さん演じる高須竜児は、父親譲りの目つきの悪さで根は真面目な性格なのに不良に勘違いされてしまう高校二年生{/face_hohoemi/} そして釘宮さん演じる逢坂大河は、まわりから手乗りタイガーと呼ばれる凶暴だけどドジっ子...

とらドラ!第1話『虎と竜』の感想レビュー

『・・・うるさいうるさい!見たんでしょ?読んだんでしょ?・・・聞かない。だから、あの、ラ、ラブ・・・ラブレブレターのこと、忘れろ~!』 きっかけは些細な偶然で。 お互いの恋が上手くいくように、協力することを決める主人公竜児とヒロイン大河。 2つの片思いが

とらドラ! 第1話 『虎と竜』

とらドラ! 第1話 『虎と竜』より感想です。 『手乗りタイガー』より『万能主夫』?w

とらドラ! 第1話「虎と竜」

見た目は小さいが獰猛な『手乗りタイガー』こと大河。 目付きが悪すぎてヤンキーと思われてる中身は小心な竜児。 虎と竜の出会いは不幸な…...

とらドラ! 第1話 「虎と竜」

なんか、涼宮ハルヒの憂鬱のようです。初対面で高須竜児にパンチをくれる逢坂大河。なんだか超ツンデレですか。

とらドラ! 第1話「虎と竜」

助手「2008年10月期第1弾は・・・」 博士「ちっこい・ひんぬー・くぎゅぅぅぅぅぅ」

とらドラ! 第1話

新番組、ラブコメです(〃\'∇\'〃)ゝ ヤンキー顔の竜児がなかなかいい奴で好印象で

とらドラ! #1

1話、「虎と竜」。 なんだ、ただのくぎゅアニメかw 原作は未読。 「犬ー!」とか「僕ー!」とかは もはやデフォですかそうですか。 ...

とらドラ! 第01話 虎と竜

秋の新アニメ第1弾! 原作は未読ですがかなり人気作品のようです。 生まれつきの鋭い目つきで 不良に見られてしまう不憫な主人公・高須竜児。 先生の怯えっぷりが異常ですねw 同じクラスになったのが「手乗りタイガー」と呼ばれている逢坂大河。 ロッカーか...

とらドラ!  第1話 『虎と竜』

「みのりん」お気に入りになっちゃいましたc(>ω<)ゞ ちょっと「まなび」みたい

とらドラ! 1話「虎と竜」

少し見るアニメを増やしたいと思います。ということで、個人的に面白そうだと感じた「とらドラ!」の感想でも。ただし、感想を続行するかは...

とらドラ! 第1話

『虎と竜』 秋の新アニメ第1弾。 第1話から後藤沙緒里さんに何を言わせとる(笑)。 正直、中身はどうでもいいんだが、キャストにかなり...

とらドラ 第1話 「虎と竜」 感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  それは優しくてとても甘い。 多分、見る事が出来るなら誰もそれは欲しがるはずだ。   だからこそ、世界はそれを隠したのだ。 そう簡単に手に入れられないように・・・・   だけどいつかは誰かが見つける。 手に入れるべ...

『とらドラ!』第1話(新番組)

 電撃文庫から何巻か刊行されている竹宮ゆゆこの同名小説のアニメ化作品。  母親と貧乏暮らしをしている高校生“高須竜児”は、亡き父親譲りのキツい目つきのゆえに、周りの人に不必要に恐れられている。新年度を迎え、数少ない親友の“北村祐作”と再び同じクラスに...

【アニメ感想】 とらドラ! 第1話 「虎と竜」

原作のラノベが面白いという噂を聞いていたので、アニメが放送開始する前から気になっていました まだ1話なのでなんとも言えませんが、最初の掴みはいい感じ、視聴は継続の方向で あと'''とらドラ'''というタイトルは 主人公のヒロイン...

とらドラ!第1話 「虎と竜」感想

ついに始まりました。大人気ライトノベル「とらドラ!」のアニメ第1話ですよ。放映前は、作画が…といろいろ言われてきましたが、いざ始...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

今期にスタートした作品の1つ。いつもの通り、原作は全く知らない状況での視聴開始です。 いわゆる、トンデモな女の子キャラとそいつに付き合わされることになった哀れな男のラブコメってな感じでいいんでしょうか? そこそこ面白そうではあるんですが、まぁ、現段階で...

とらドラ! 第1話 感想

 原作は現在9巻を読んでいる最中でございます。  遂に来ました、秋の新アニメ。しかも、何度も言っていたとおり、初っぱなからとらドラ!でございました。    結論から先に言いますと、、、合格点ですよ!  期待通りと言いますか、特に問題点はありませんでした。...

【新番組】とらドラ! 第1話「虎と竜」

感想を書く予定はありませんでしたが、せめて1話の簡易感想くらいは書こうと思いまして。 通勤中にワンセグ録画視聴&携帯で感想下書き→...

とらドラ! 第1話「虎と竜」

キャスティングが「命」の印象を受けた「とらドラ!」第1話。 例によって原作ノベルは読んでいないし、事前情報もあまり持っていないが、キービジュアルが下手なのとキャラクターの目つきが悪い印象は残っている。 そんな中での第1話初見だが、テレビフレームの中で動き...

とらドラ! #1 虎と竜 感想

 2008年秋クール最初の作品は、武闘派ツンデレ「手乗りタイガー」こと、逢坂大河@くぎゅを愛でる作品「とらドラ!」です。

とらドラ! #1(新)

強面のせいで周囲にいつも誤解されている男の子と、ちっちゃくて獰猛なことから「手乗りタイガー」と呼ばれるアル意味見た目通りの女の子が...

秋アニメ1本目!【とらドラ! 第1話-虎と竜】

口火を切った秋アニメ。ツンデレといえばあのお方!な第1話

フレッシュプリキュア! 第5話 「遊園地でドキドキ!ワクワクデート気分 !?」 感想

感想を読む

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。