スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第2話 『狸惑わしの事』 感想+絵

感想 イラスト 魍魎の匣京極堂狸惑わしの事 (たぬきまどわし) 匣の中の娘 久保俊公 3話 3話
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
†: ↓ストーリー概要//↑イラスト@中禅寺敦子☆姑獲鳥なコス     
♪  瀕死の加奈子は『匣』のような 美馬坂研究所で集中治療へ。加奈子は死んでは成らぬ身分なのだ。 其れから半月後。関口と敦子は武蔵野バラバラ殺人事件の調査を する過程で道に迷い『匣』にたどり着いてしまった。

†//続きを読むで感想 ネタバレあり 完成





†:憑き物落しの事。



   貴方が必死に変な事を言う人を見たら、当事者には事実以外の何者でも無いのだ。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
京極堂『此の世には不思議な物等何も無いのだよ。』
 人の"正常"基準。 其れは宗教であり科学だ。 京極堂は、対象の論理に従いカウンセリングし、事実を導き出す。 そして其の人の先入観念『憑き物』を落とし、対話する。 互いを同じ舞台に立たせ、全てを解き明かす。 其れが京極堂の『憑き物落し』。 ”通りもの”云々の話は、全ての他者から見た其の人の異常な行動。 例えば殺人の根本的なスイッチは、 其の人の個人的な常に押し隠している"常識"を埋め合わせる為の衝動。 納得だ。 だが終わってみると、自身で完結する常識の分は良いが、 外界との折り合わせが上手くない。だから整合性をあわせなくては成らない。 身体を各部位ごとに







 バラバラにすると、もはや元の人からは程遠い、唯の物質に限りなく近い。 最初から肉の塊ならば
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
陽子『私の写真で自慰するの止めて下さい。木場さん。』
元の人を思い起こすのは難しい。 非日常というのは、人間性を持ったものが居るという正常性が、 突如、対象の死を持って正常の継続が、途切れるという異常性と、 それが自分の加害であるという異常性とを、 対象を非人間性に落とすことで、自らと外界とを正常に戻そうという行為だそうです。 例えるなら、 魚をさばくシーンや、鳥を絞めるシーンは残酷に見えますが、 刺身や、ケンタッキーがそこにあっても残酷には見えないといった感じです。 頼子は、厨二病に戻る事で正常になった訳ですね。









因みに公僕に五月蠅い人が多いのは戦後直後だからです。



†:雑司が谷の事件。



   姑獲鳥(うぶめ)の夏を放送しないで魍魎の匣を放送するなんて常軌を逸してると思う。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
木場『経血垂れ流しとか嬰児とかキチとか放送できんけどな。』
 何故なら関口の異常性を表すクッションが無いし、 京極堂の独特の論理と、『この世に不思議なモノ等無いのだよ』 という説明が解りづらいですし。 ちなみに姑獲鳥と産女は本来は違う妖どすぇ。 勿論、魍魎の匣単体でも話の筋は通るのですけれど。 雑司が谷の事件とは魍魎の匣より約1季節前の事件。 小説『姑獲鳥の夏』の話ですが、夫が消息し、妊娠20ヶ月の娘が老舗の 産婦人科にいらっしゃるという怪奇事件。 内容としては、人間が持つ、自身が正常な判断を行えているという 無根拠な自身から来る先入観と、 異常な事態を脳内で整理する為に、 自らを誤魔化してしまうという御話。 その事件で関口は当初、第3者であったのですが、 自らのトラウマのせいで当事者に変貌してしまい、 彼のせいで事件は混迷を極め、 そして関係者達の溝は決定的になり、 そして事件を解決してしまった。 此の御話のクッションが無いと魍魎の匣のキチガイがわかり辛いような…。






 関口ですが、コイツは"鬱病だった"というポーズを経て、自分が普通になったと思っている。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
関口『まままままだ慌てるような時間じゃない。』
其の実は精神が弱いまま。しかも倒錯したフェティシズムを持つ 下劣な感情を誤魔化し続けている。常識人を気取るオッサン。 でも実は誰もが当てはまるオッサンです。 何故かというと、誰であれ多少なりとも、 物事を考える時、自分というリトマス紙が 正常に機能していると考えている。 外界を見る時、 無意識に自らの正常を基準にしてしまう。 そうして、本当の自分が知られたくない領域は、 別の異質性という殻を被り話を逸らすのだ。 まぁ後は、『御箱様』事件の話は、新興宗教の話ですが、 頼子の母親が嵌っています。 そして『頼子と加奈子』『バラバラ殺人事件』とも根で繋がっている。 ちなみに頼子が加奈子をぬっ殺したのですが、理由は簡単。 六道輪廻では今生が不幸なら来世は幸福。 頼子は来世が加奈子なので、天女になり幸せだと思った。 だが彼女には悩みがありにきびがある天女等では無かった。 嗚呼、私は来世も今生と同じ醜い苦しみなのか。 …まぁ其れだけの事ですよ。













†:隙間があると不安なのです。



   豪快にネタバレですが、冒頭の謎映像は、関口が、(故)久保俊公の遺作を読んだ感想
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
敦子『部屋の隅に居たり、トイレで安心する人。心当たり或るんじゃないですか』
 久保さんは例のアムロ声のキャラね。彼には 家庭環境から決して満たされない愛情の隙間が或った。 どうしたら埋められるだろうか。 私の満たされないこの四隅は。 全てを満たしたいのだ。 ぴったりと敷き詰めなくてはどうしても不安だ。 …まぁそんな感じで相当なフェティシズムを持つ小説家だったのですね。 で、冒頭映像の匣に詰まっているのは、 関口が、久保の小説を読んで受けたイメージ。 匣には綺麗な『少女』が入っていると書いてあるのだが、 関口には身近に綺麗な少女は、今回初登場した中禅寺敦子くらいしか イメージに近い人間が居なかったので、彼女を詰めたという(笑)。













→【魍魎の匣】 第1話 『天人五衰の事』 感想はこちら -->
→公式サイト



次回 【魍魎の匣】第3話等より早く匣の中が見たい。

テーマ : 魍魎の匣
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魍魎の匣 第2話 「狸惑わしの事」

「あんた、俺に野球を舐めてるって言ったな。 だがな、あんたの方こそ勝負を舐めてる」 魔物を、見たと思った- ロロ「ワンナ...

魍魎の匣 #2 「狸惑わしの事」

鳥口くんは道オンチ。 私も道オンチだから笑えない。けど笑ってしまう  ↓  ↓

魍魎の匣 第2話 「狸惑わしの事」 感想

初っ端から古い恐怖物を思い起こさせる始まり方でちょっとびっくり^^; 棺桶埋めてるんだもんな~。雰囲気作ってますね~。

魍魎の匣 第2話 「狸惑わしの事」 感想

うーん、難しい。謎めいた展開なのはいいとしても、誰が誰やらわからないのは困りものです。 魍魎の匣 第2話 「狸惑わしの事」 の感想です...

魍魎の匣 第2話「狸惑わしの事」

友人の妹さん可愛いなぁ・・・・・・以上、で終わるのは手抜き過ぎるので軽くw

魍魎の匣 第二話「狸惑わしの事」

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)販売元 : Amazon.co.jp 本価格 : ¥[タイトル] 魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)[著者] 京極 夏彦[種類] コミック[発売日] 2007-12[出版社] 角川書店>>Seesaa ショッピングで買う 魍魎の匣 第二話「狸惑わしの事」の感想です。 ※以下ネタバ..

魍魎の匣 第2話「狸惑わしの事」

前回、ポカーン(*゚д゚*)だった百合恐怖アニメ。。。 電車に撥ねられ、死んだかと思ってた加菜子ですが・・・ 生きてた!? 瀕死だった...

昨日の魍魎の匣 第二話

「狸惑わしの事」加菜子が電車事故で病院に担ぎ込まれ、木場も病院に足を運ぶことになり。頼子の母親君枝が迎えに来て、さらにまもなく加菜子の関係者である増岡、雨宮、元女優の美波絹子であった柚木陽子と病院に駆けつけることになり、続々と役者がそろいはじめましたね...

魍魎の匣  2話「狸惑わしの事」感想

湖に向かうために少女達が訪れた駅で、 加菜子は大怪我をして病院に運ばれる 怪我の原因は明かされていないけれど、 その場にいたのは、頼子だけですよね…… 普通に考えれば犯人は……? 居合わせた刑事が事情を聞くが、 頼子は何が起こったのかは語らず、 友人との親し...

魍魎の匣 第2話「狸惑わしの事」

事件の真相はまだ闇。そして新たなる関係に発展!!??加菜子が電車にはねられた駅のホームに、偶然居合わせた警視庁刑事の木場修太郎は、顔を覆って泣きじゃくる頼子から事情を聴いた。だが、17歳の少女と話が噛み合うはずもなく、木場は苦虫を噛み潰すばかり。...

『魍魎の匣』#2「狸惑わしの事」

「人を殺すのは通りものにあたるようなものだと」 ちょこっとだけ感想をw だって、またもや京極堂が出てこなかったんだもん!!ビックリで...

アニメ「魍魎の匣」第二話

TVアニメ「魍魎の匣」の第二話『狸惑わしの事』です。 【あらすじ】 加菜子が電車にはねられた駅のホームに、偶然居合わせた警視庁刑事の木場修太郎は、顔を覆って泣きじゃくる頼子から事情を聴いた。だが、17...

アニメ「魍魎の匣」 第2話 狸惑わしの事

まったくなんて夜だ。 「魍魎の匣」第2話のあらすじと感想です。 泣きじゃくる少女。 (あらすじ) まず、棺桶が丸いのがいけない。匣...

魍魎の匣 第02話 感想

 魍魎の匣  第02話 狸惑わしの事 感想    -キャスト-  京極堂(中禅寺秋彦):平田広明  榎木津礼二郎:森川智之  関口...

魍魎の匣 第2話『狸惑わしの事』

すすり泣く頼子と困惑する木場修で30分終わったらどうしようかと思った(苦) 京極堂と榎木津は来週あたりに登場しそうですね。 ちなみに2話終了時点で原作での150Pちょい前あたり。 ・・・ペース配分は順調のようだが、 後半に時間を割いた方がイインジャマイカと思うの...

魍魎の匣 2話

第2話 「狸惑わしの事」 たまたま駅での飛び込み事件に巻き込まれる形となった木場。 泣いていて話をまともに聞けない頼子を相手に苦戦...

魍魎の匣 第02話 「狸惑わしの事」

空気の読め無さ。 人が生死を彷徨っているというのに、突然怒鳴り込んだり、「助からない」などと…まったく。と変な怒りは投げ捨てて、百...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。