スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD アフター『自分の大きさを知る事』

CLANNAD ~AFTER STORY~最新情報 トラコミュ にほんブログ村 感想 11話
クラナド 腐麗蝶の柩

†: 誰かを想う事で得る幸福 


†//続きを読むで感想 *ネタバレあり 感想・完成





†:無自覚のスイーツ。



   兄弟の絆云々か友情なのか、春原3部作は首尾一貫しない摩り替えが酷い良い話でした。
クラナド 腐麗蝶の柩
岡崎『それはひょっとしてギャグで言っているのか。』
  全て主人公が軽率なイタズラを小さく幾つも行い春原兄弟を弄んだのが原因。 常に上下関係の保証が取れた友情。 春原自身は素の自分で居られて、愉しんでいるから問題無いが 『体の良い玩具』。そういう友人を求めてられているのか…。 『昔の兄に戻って欲しい』。かなり酷い言葉。 今の兄の存在を一切認めず、兄弟の依存関係の延長を望んでいるだけ。 進路の話題はミスリードで、こちらがメインでしたか。 兄を駄目にしているのは般若と主人公。 友情・絆と、依存は違うのに。







 しかし、本編では問題視していない。 そういうテーマなのか。或る意味で興味深い。 少なくとも
クラナド 腐麗蝶の柩
『トラウマに挑むのは重要。だが自発的でなくては意味が無い。』
春原3話は個人的に酷いと言わざるを得ない。 また他キャラ回で春原3話とのテーマが、 主人公を介して矛盾や解離を起こしていたら、 制作側の伝えたい事など皆無で、良い所どりのシチュエーション物語という事。 それはそれで或る意味で多種多様な人生観を描いてるといってもいいかもしれない。
逆に考えれば、主人公や友人達の不器用な失敗の連続を経ているからこそ、成長が描けるのだし。










   芳野
クラナド 腐麗蝶の柩
『自分の想いは、受けとる人が居る事で自らの十字架となる。』
 芳野さんはロックスターだった頃に、様々な悩みの中で生きる人々と出会う事で、人々の期待に
押しつぶされ、世界の大きさと自分の小ささを思い知り、恐怖から歌が歌えなくなってしまった。






 然し、かつてテレビの企画で出会った少年が罪を犯してしまう。彼は芳野の歌だけが自分を癒して くれていたと告白する。芳野が歌わなくなり、追い詰められてしまったのだ。この事で、芳野はさらに 自分を追い詰めてしまう。他人の為にと、自分の気持ちを偽り、綺麗事のウタを歌い始める。









公子
クラナド 腐麗蝶の柩
『夢はあきらめなければ、いつか叶うのです。』
 感動や醜い部分を吐き出してきた、かつての芳野の真摯な歌声と違い、偽りの歌は誰にも届かない。彼がドラッグに手を出す頃には、音楽に居場所は無かった。そうして芳野は歌をやめてしまう。






 居場所を無くした芳野を救ったのは、彼が歌を本格的に始めるキッカケとなった、かつてと同じ
君子の言葉だった。彼は彼女の為にだけでも歌い続けなくてはいけなかった事に気付く。









芳野
クラナド 腐麗蝶の柩
『目の前の大切な人を思えるか否かで、世界にも目を向けられる。。』
 世界の大きさに気付く事で自らの小ささにも気付く事が出来る。それでも上を見上げ、歩き続ける。 その道は一人では険しいが、誰かを思う事で自らは支えられ、また、誰かに思われる事で、やっと 一歩が踏み出せる。そうした繋がりの中で小さな自分は前に進む事が出来る。世界を見続ける長い 道程で、一生に一人は幸せにできるかもしれない。そして、自らも小さな幸福を得るかもしれない。









芳野
クラナド 腐麗蝶の柩
『小さな存在でも、一人でなければ、前を歩く勇気を得る。』
 自らの器を知らなければ奢り高ぶる。一人の人間が多くの人間を真の意味で幸せに出来るという 考えは傲慢。何故なら、それは他の人々を自分より軽く見ているから。自分一人でさえ、満足に 幸福にする事も出来ない人間が、大勢を簡単に幸せにしようなどというのはおこがましい。
だが、だからこそ、足りないものを、他者と補い合う事で、幸せは紡がれていくのだろう。









若本
クラナド 腐麗蝶の柩
『ゆっくりだ…そうだ、焦らずゆっくりでいい…。』
 だからこそ諍いも起きる。自らが守る世界と、別の自らの世界を守る存在との衝突。だが、それも 世界の大きさを知る過程であり、同じ道程を支えあう他人にも成り得る。此の長い道程は自分だけの モノではない。過去から未来へと繋がるリレーのようなもの。大切なのは岡崎のように焦る事では 無く、ゆっくりと道無き道を踏み締めていく事。そうしていく事で、壁は打ち破られていく。










クラナド 腐麗蝶の柩

『ゆっくりしていってね!!!。』

 世界を観測する自らが世界をどのように見るかで世界の色は変わる。未来への見えない道筋と、 過去からの刻まれてきた道程。踏み出す一歩を支える人々。上下左右、過去現在未来を指す
『宇宙』という世界は岡崎と渚、おぼつかない二人三脚を歩み始めた二人に何を見せるのか。










にほんブログ村




→第11話『約束の創立者祭』感
→第10話『始まりの季節』感
→第9話『坂道の途中』感
→第8話『勇気ある闘い』感
→第7話『彼女の居場所』感
→第6話『ずっとあなたのそばに』感
→第5話『君のいた季節』感
→第4話『あの日と同じ笑顔で』感
→第3話『すれちがう心』感
→第2話『いつわりの愛をさがして』感
→第1話『夏の終わりのサヨナラ』感
→公式サイト



次回 【CLANNAD AFTER STORY】第13話の俺は笑えているか…。

テーマ : CLANNAD -AFTER STORY-
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第04話 「あの日と同じ笑顔で」

前回は怒涛のおにいちゃん攻撃で毒されて何度2000円を払ったことか…しかし今回はそう浮かれている場合ではなかった。芽衣ちゃんはどうも、責...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第04話 感想

 CLANNAD ~AFTER STORY~  第04話 『あの日と同じ笑顔で』 感想  燃えた。    -キャスト-  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: ...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話『あの日と同じ笑顔で』

{{{ CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話『あの日と同じ笑顔で』 }}} 春原に再びサッカーをやらそうとする朋也たち サッカー部へとお願いに行くが軽くあしらわれてしまう 一方で相変わらずな春原の態度に朋也キレ気味 一触触発となってしまう されどサッカー部...

Clannad after story #4「あの日と同じ笑顔で」【感想】【春原芽衣】

今回は男と男のケンカ大友情絵巻。 鍵作品ってこういう方向に進んだ!!

CLANNAD AFTER STORY 第4回『あの日と同じ笑顔で』

・・・良かった、今回でケリがついて。 次回まで引き延ばされたらストレスで死ぬかもしれんとこだった(汗) いや、今回だけでも十分堪ったけどね?

クラナド CLANNAD AFTER STORY 第4話 「「あの日と同じ笑顔で」 感想

なんという春原END。クラナド CLANNAD AFTER STORY 第4話 「「あの日と同じ笑顔で」 の感想です。 原作を中途半端に知っているといのは、感想が...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話 「あの日と同じ笑顔で」 感想

親友はやはり大事な存在今回は泣けそうで泣けないそんなお話でした CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話 感想

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話 「あの日と同じ笑顔で」

「私も芽衣ちゃんと遊びたいの。いっぱいいっぱいバイオリンを聴かせてあげたいの」 「それはやめとくべきだと思うわ」 「杏ちゃん、いじ...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話「あの日と同じ笑顔で」

第4話「あの日と同じ笑顔で」 今回の春原は良かったんじゃないでしょうか。いろんな意味で

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話「あの日と同じ笑顔で」

春原兄妹編の最終回。 果たして芽衣の思いは、春原に通じるのでしょうか?

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4回 「あの日と同じ笑顔で」 Part.1

もう、一触即発! 「CLANNAD ~AFTER STORY~」 の第3話感想です。 春原を本気にさせるため、芽衣ちゃんと付き合っていると春原に嘘をついた朋也...

CLANNAD AFTER STORY・第4話

「あの日と同じ笑顔で」 「前みたいにサッカーをすれば…」 兄に対する芽衣の期待。だが、この学園のサッカー部の体質、そして、そこで起...

CLANNAD~AFTERSTORY~ 第4話「あの日と同じ笑顔で」

CLANNAD~AFTERSTORY~の第4話を見ました。第4話 あの日と同じ笑顔で「ねぇ、どういうことだったわけ?」「何が?」「芽衣ちゃんまだいるんでしょ?昨日二人で仲良さそうにしてたじゃない」「あの後、皆で話したんです。何がどうなってるんだろうって」「あたしも芽衣ち...

CLANNAD AFTER STORY 第4話 「あの日と同じ笑顔で」

THE 男の友情

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話 「あの日と同じ笑顔で」

春原兄弟の絆と、岡崎と春原の友情。 それが見れた話でした。

CLANNAD~AFTER STORY~第4話『あの日と同じ笑顔で』の感想レビュー

『お前なら良い、って思ったんだよ!!!』 春原ルート最終回です。 一生の友と呼べるような人間を何人見つけることが出来るかで、その人の人生の価値が決まるのかもしれません。 春原は芽衣や朋也の気持ちに応えることが出来るのでしょうか? 芽衣は春原を「カッコいい

CLANNAD -AFTER STORY- #4「あの日と同じ笑顔で」

春原が本気出しやがった・・・ BS-iでもついに放送開始! やっぱり16:9デジタルになると背景の美麗さが鮮明に映し出されてスゴかった。これは本...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4回 「あの日と同じ笑顔で」

  そして・・・ 今も俺達は笑っている・・・・・ CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4回 「あの日と同じ笑顔で」 の感想です。

(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話 「あの日と同じ笑顔で」

CLANNAD AFTER STORY 2 (初回限定版) サッカー部に戻ればかつての春原を取り戻せるかもしれない・・・そんな芽衣の訴えを聞き入れ、朋也と渚はサッカー部を訪れた。しかし、そこで朋也達が目にしたものとは、春原に憎悪の言葉を投げかける部員達の姿だった・・・。

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話、「あの日と同じ笑顔で」。 ゲーム版はやっておりません。 春原をサッカー部に再度受け入れて貰うために、サ...

CLANNAD AFTER STORY 第4話「あの日と同じ笑顔で」感想

脚本:志茂文彦 演出・絵コンテ:米田光良 作画監督:秋竹斉一芽衣は、サッカーに熱中していたころの春原に戻ってほしいと願っていた。 そ...

CLANNAD AFTER STORY 第4話「あの日と同じ笑顔で」

「春原と初めて出会った日…あの日から俺たちはいつもつるんでいた。そして、今も俺たちは笑っている…」 春原編決着回。 やはり最後は朋也との男と男の決着でしたね。 70年代熱血アニメを見ているようでした。 ストーリーの展開上触れざるを得ないんですが… ...

藤林 ~AFTER STORY~ 第4話 「あの日と同じ笑顔で」

「来るもん!お兄ちゃん、絶対に芽衣のこと助けに来てくれるもん!」 杏「オッシャー!ケンカだ、ケンカをやろうぜぇー!!!」 ...

春原兄妹編完結??朋也と陽平の『初めて』の出会いも明らかに!!! CLANNAD~AFTER STORY~第4話『あの日と同じ笑顔で』

 第2期スタート組ですが……こんな陽平、見た事がない!!!  第2期から見始めて、春原陽平ってそうとうなギャグ系で激怒とは無縁なキャラだな...

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第4話「あの日と同じ笑顔で」

博士「漢汁満載の回でしたwww」 助「漢汁言うなwww」

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。