スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第6話 『筥の事』 感想ネタバレ

感想 魍魎の匣京極堂筥の事 6話 6話
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
†: ↓ストーリー概要//                       
♪  30分間、京極堂先生の『超能力』『占い』『霊能』『宗教』の違いと、秘密の解明のトリックの講義。 御筥様の教主、寺田兵衛の紹介と魍魎を嫌がる京極堂で30分で御座いマース。by SAZAE

†//続きを読むで感想 ネタバレ全開 完成





†:ヒントだらけの今回。



   筥ですが、円筒状の匣の事。然し御筥様の箱は四角い。この齟齬は何処から?。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
久保『箱、匣、筥、うっせぇよ!!!たまにはハコ以外も良いじゃない!。』
仏閣神社マニアなら感づくのかしら。うちは無理でしたw。 御筥の教主・寺田兵衛が祈祷の際に行う動作や呪文。 戦時中に鉄の箱を作っている事。 「チョーさん」という仇名と表札。兵衛の子供の存在。箱に取憑かれた事。 喜捨額欄が空欄のある名簿。そして前回の福来教授の話。寺田の親が能力者ではと言う噂。 今回はヒントだらけだったなぁw。今までの回も妖しきは全てヒントなのですが…。


『てか薀蓄ヒントは絶対解らないって!!!。』













†:『超能力』『占い』『霊能』『宗教』。



   京極堂の薀蓄だけで30分やってくれたww。まぁアレでも大分割愛していたんですけどねw。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
関口『姑獲鳥の時は5時間位座らされたからなぁ…。』
唯、今度は原作未見の人は今回の話が、本編の何処に関るのかが混乱してしまっている人が 居るのではないでしょうか?。今回の考え方は、今後、事件を考える上で重要な考え方です。
以下、原作を基に色々と書いて喩え話を書いてみたいと思いますどすぇ。







 "超能力"と呼ばれるものは在る以上は在る。ただし、トリックの場合もあるが、その場合は、
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
榎木津『え?アンタら視えないの?おかしいんじゃないのww。』
そもそも超能力ではない。例えば、その昔、絶対音感を知らず、ライターの無い世界があったとする。其処 に絶対音感を持つ人間とライターを持つ人間が現れる

両者が『是は私の能力です。』と言ったら、 両者に対して、その世界に住む人は、
"通常"の人の能力を"超えた"存在として、

"超能力"と言うだろう。
此処で前者は真実備わった能力だが、後者は道具なので「私の能力です」は虚言となる。







 だから解明・立証されていないだけで"本物"の超能力は在るのだ。さて、占いとは何なのか。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
独逸軍人『私は超能力者カテゴリで商売は軍人だよ~♪。』
占いは技術。今回、京極堂がやったような『過去』『秘密』の解明が主なものであり、技術を 取得して話術を巧みに行えば可能である。他に風水などは今で言えば地質学的な要素を扱っている面も あった。占星術はもちろん航海をする上で欠かせない代物。今でいえば天気予報なんてのも近い。


しかし風水や占星術はあくまで人の外を扱うもので、人自身を扱うものは過去を明かすしか方法が無い。 是は何に重要かというと、今の悩み等を解消する為に、自身の過去を反芻させ、自身の中で自己決着を 付けさせる為のカウンセラー的要素があった。要は商売のジャンルである。







 糾弾されるのは技術が下手で、依頼者を満足させられずギブ&テイクの関係が成立してないから。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
某神『なんでもかんでも、わらわに頼られても困るんじゃがのぉ。』
霊能は此の技術の立証として心霊を持ち出す。精霊が云うには…のように。理由付けだ。これは、 発信者と受信者とでの間で納得のいく理由のある"公式"でなくてなならない。此処で占いとの違いは、 占って終わりではなく、今後の何を行うべきかを提示する。しなくてはいけない事ではなく「べき」 という提案。是も依頼者が「べき」をして自己内で幸せに、「べき」をしない事が自己内での不幸の 理由になっている限りは外部が口出せる環境では無い。本人は幸せになっているのだから。

もし、ペテンと言うならば、
其れに関る人間全ての不幸を、貴方は幸せに変えられるのだろうか?







 是も技術を伴うので失敗すれば依頼者達から糾弾される。共犯の段階では両者得がある。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
某救世主『さぁ、喜捨をするが良い…メシアは一人で充分だ…。』
 是は無形物消費に近いと私は考えている。いわばアニメや音楽の商法だ。お金や声援を送る代わりに、 人それぞれ種類は違えど、ひと時の内証的な幸せを得ているのだから。さて宗教だが、是は大きく違う。 先ほどの心霊の教えをあまねく人々に教え伝え、世界を幸福にする事、信者を増やす事が目的 である。皆で幸せになりましょう、というヤツだ。その中で霊能やら占いまがいから超能力的な奇跡が あろうと其れはどうでも良いのだ。あったらラッキーというもので、本望は皆が同じ戒律下で秩序を 得る、世界の幸せを目指すのが目的で、他の面はグリコのオマケなのどすぇ。







 預言は予言ではない。占いと混合されてしまうが、預言は神が授けたもうた有難い注意事項。
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
柑橘類『職業選択の自由というヤツですな!!。』
此処は原作で詳しく語っているので是非読んでねw。つまりマトリョーシカ的入れ子構造なの である。宗教にとって、霊能はオマケであり、霊能にとって占いは技術であり、占いにとって、 超能力は商売上の情報収集の一手段。本来は単純な順列に置換できないが、上位にとって下位は全て付属品。

逆に下位構造にとって、上位構造は用途選択肢である。だから 超能力者が反逆やっても良いし、占い技術者が雑誌編集しても良い、霊能者が博士号とっても良いのだ。 もし、傍目から他者に危害を加えていると感じ糾弾したいなら、どの点が問題になっているのかを熟考すべし。







 アニメではオカルトという秘密箱の説明が割愛されてしまったのが残念。あれは凄い面白い見解
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
芥川の幽霊『きょうびのアニメの巫女やらは気軽で困る。素人にはお勧めで(ry』
なのに…。あとはかつての神主さんの運命とかね。その昔、神主さん達は、村という共同体で
『交代制』だった。神主という職業はその昔、共同体の政治係で、農業と人の安定を神様の代理人として存在する神人で、それで飯を食っていた。へぇ良いご身分 と思った貴方は残念。この交代制は

ある恐ろしい
があるのだ。自分が『神の代理人』である期間共同体に不幸が起きた場合、『神のせい』とされ、神の代理人はぬっ殺されてしまうのだ!!。 是は現在も多くのシャーマニズム的民族宗教でも近いものは行われている。呪術者の存在やら、憑き物 筋等も共同体内での在る種、責任を負う職務だったのだ。其の負の面だけが残ると差別や虐めに繋がる。 今でも責任システムは在る。チームに問題があったらリーダーが責任を取るしね。…とらない人も居るけど。







 …ネタバレしたいのに分量が足らないぜ!!!。まぁどの道、ネタバレ要請無かったし良いかw
魍魎の匣 腐麗蝶の柩
京極堂『困るんだよなぁ…1クール位、語らせてくれなきゃぁ。』
来週はおそらく魍魎という謎の妖怪の説明で30分w。かなり重要なので絶対に聞き逃さない で下さいね♪。因みに魑魅魍魎=妖怪全般ですが≠魍魎です。魍魎は単体妖怪なのです。




次回タイトルが平仮名なのは、
『もうりょう』が多くの矛盾した性質と違う名前を持っているからだと思います。
→魍魎(妖怪)-Wikipedia-  *以前の『火車』に乗っているのが魍魎と言われています。










寺田兵衛 魍魎の匣 腐麗蝶の柩
『ぬぉおおおお魍魎じゃああその二つの膨らみにはもうりょうがぁああ。くくく、頂点クリックで穢れ封じ♪』




→【魍魎の匣】 第5話 『千里眼の事』 感想はこちら -->
→【魍魎の匣】 第4話 『火車の事』 感想はこちら -->
→【魍魎の匣】 第3話 『羽化登仙の事』 感想はこちら -->
→【魍魎の匣】 第2話 『狸惑わしの事』 感想はこちら -->
→【魍魎の匣】 第1話 『天人五衰の事』 感想はこちら -->
→公式サイト



次回 【魍魎の匣】第7話等より早く匣の中が見たい。

テーマ : 魍魎の匣
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魍魎の匣 第6話 「筥の事」 感想

人を喰った話、と前回書きましたが、京極堂もいいかげん人を喰った人物ですね。心霊術にはタネがあると言いつつ陰陽師であり、そのくせ魍...

魍魎の匣 第06話 「筥の事」

第6話「御筥様 が 生まれた 日」 時々入る関口のカットインの目がなんか怖かった今回の話。

(アニメ感想) 魍魎の匣 第6話 「筥の事」

魍魎の匣 第一巻 予告もなしにやって来た初対面の鳥口の幼い頃の情景を、まるで千里眼のように当てて見せた京極堂。タネ明かしを求める関口に対し、京極堂は、観察眼、推理力、豊富な知識を元に論理的に導き出した結果だ、と答える。安倍晴明を祀ってある神社の神主で

魍魎の匣 6話 筥の事

なんて感想の書きにくい回なんだw

魍魎の匣 第6話「筥の事」

京極堂の『種』の世界-----------。予告もなしにやって来た初対面の鳥口の幼い頃の情景を、まるで千里眼のように当てて見せた京極堂。タネ明かしを求める関口に対し、京極堂は、観察眼、推理力、豊富な知識を元に論理的に導き出した結果だ、と答える。安倍晴明を祀ってあ...

今日の魍魎の匣 第六話

「筥の事」今回は関口と鳥口が京極堂を訪ねて行った続き。初対面の鳥口君について京極堂がいろいろと言い当てたからくりと、そういったからくりを使った場合に何がぺてんに当たるのか。それを、超能力者、占い師、霊能者、宗教者とに分けてそれぞれの場合で説明。後半はそ...

魍魎の匣 第6話 「筥の事」 感想

魍魎の匣 第6話 「筥の事」 の感想です。 段々と面白くなってきました~^^ やっぱり主人公の京極堂が出てきてしゃべると面白いです!

魍魎の匣 第6話 「筥の事」

「なんというペテンだ!」 ガーンΣ(´・д・`|||) 京極堂が鳥口のことをイロイロ言い当てたのは、千里眼ではなかったワケですが・・・ でもス...

魍魎の匣 6話

第6話 「筥の事」 京極堂の妻君が可愛い~ なれそめがどんなんだったのかを本気で知りたい。 そして、京極堂の家の猫(柘榴)がもう… ...

魍魎の匣 第6話 『筥の事』

京極堂は初対面の鳥口のことを次々と言い当ててみせる。 それは千里眼でなく、観察眼と推理力、知識で論理的に見たもの。 鳥口の話は妹から...

アニメ「魍魎の匣」 第6話 筥の事

文字を書いた紙が入っていた。 「魍魎の匣」第6話のあらすじと感想です。 壷の中身。 (あらすじ) 燕尾服を着た若い男の幽霊が出る。...

魍魎の匣 第6話『筥の事』

アバンで出て来た敦子と、冒頭で出て来た細君以外 ひたすらヤロー3人による30分(笑) でもやはり京極堂が出て来ると面白いな~ぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。