スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士 ガンダム00 2nd SEASON 第8話 『無垢なる歪み』 本編感想②

機動戦士ガンダム00 2nd seasonの記事をにほんブログ村で探す ネタバレ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
†: ↓ストーリー概要//                            
♪  リジェネによりイオリアの真の計画を知らされ、揺れるティエリアは、留美から知らされた情報を元に、イノベイターの首謀者のリボンズに接触。そしてロックオン、そして自らの意思の元、イノベイター達と決別し、世界の歪みと戦う事を決意するのであった。然しリボンズらから逃走するティエリアと刹那の眼前にサーシェスが立ちはだかる。





†:イオリアの計画。



   刹那
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『女装時の声色と体型はどうなってるんだ…ゴクリ。』
 色々突っ込み所があるのに、重要なキーワードがさらさらと流れた今回。今までで一番 話が進んだのではないだろうか?。しかし此処に来て初期設定の匂いを復活させるとは…。









リジェネ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
①ソレスタルビーイングによる紛争根絶。
 要は紛争根絶は通過点でしか無かった訳なのね。てっきり、リボンズ達が真・ソレスタルな 役割を担っているのかと思っていたのですが、ソレスタ自体が使い捨てだったのか。それなら、 納得できるわ。"真"の世界平和とかは此の際置いといて演出としてなのね…。成程。









リヴァイヴ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
②アロウズによる思想統一。
 で、アロウズによる調整と。民衆にとっての悪と善を管理下に置く事で、人々を自らの思惑に 取り込んでいくと。確かにやられる側の人間にはアロウズは悪に見えるが、実情を知らずに、 軌道エレベーターによる生活の安泰を約束された連邦民には善に見えるものね。









ヒリング
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
③外宇宙へ進出させ、来るべき対話に備える。
 GNドライブが外宇宙関係のオーバーテクノロジーで、そもそも外宇宙へ進出する為の動力源 だったのかもしれないね。地球という内側へばかり目を向けないで、外側へ目を向ける余裕を 紛争根絶と生活安定により与え、外宇宙への技術躍進を測ると。そんな感じの流れかしら。









うえだゆうじ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『ラストは無限のリヴァイアスですね!!。わかります(^q^)。』
 恐らく外宇宙へのコンタクトまでは描かれないのだろうけど、是が宇宙世紀とかのパラレル ワールドだったら面白いw。マジで宇宙怪獣とかモノリスとか出てきたら驚くけどねw。 いやぁ、でもスッキリしたなぁ。これで平和の定義云々で突っ込みを入れる必要なくなったわ。









ティエリア
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『弄ばれてたまるものかッ!!。』
 其処で、その辺りのフォローとしてイオリア自身が、外堀ばかり埋める強制的な宇宙進出では、 宇宙に出てもやってられないのでは、と悩み、①の紛争根絶を重要視していたのだろうね。その 選択の余地としてリボンズへの真計画と、トリックスターとしてのソレスタを残す余地を与え、 その過程で地球人が、どちらかの選択をするか、選択をしない道を探して欲しいみたいな。









ティエリア
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『あの酔っ払いめ・・・。遊びじゃないんだよ!!。』
 うちとしては嬉しい限りの展開。思想的な対立に偏ると大きいテーマは寸詰まりになりやすい ので、少しばかりSFファンタジーを入れても良いと思うんだ。その中でいくらでもリアリティの ある描き方は出来る訳だし。今後は今までとは違う方針で応援していきたいと思います。













†:不思議体験イノベイター。



   リジェネ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩

 GN粒子を触媒にし、脳量子波で他者とコミュニケーションがとれる。


それを応用してヴェーダへの直接リンクも可能。


それらは宇宙進出への先駆けとしてのイノベイターの能力。

 









ルイス
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『誰だ、こんな変なドレス用意したのぉ!!!』。
 上手い事、他の設定と絡めてきましたねw。あのニュータイプ演出の説明がされなかったら、 どうしようかと思いましたよw。ルイスがソーマ専用・脳量子波アヘッドに乗るって事は、彼女 の強化人間演出はマジで、イノベイター的超兵に改造されたって事なのかもしれませんね。













†:野郎供と元姫。



   マリナ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『うかつ…、迂闊だわ…刹那。』
 刹那の事に即効で気付いたポニテ復讐鬼。そりゃあそうだ。刹那さんはスメラギ迎えの時に ビリーの目の前でソレスタ自白してるしねw。ティエリアは変装しているのに、刹那は全く 変装していないってどういう事ですかw。しかもルイスに知り合い反応しちゃってるしw。









サーシェス
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『ガンダム同士によるトンデモねぇ戦争をよぉw。』
 イノベイターの直下の番犬になった感のある、ノハラヒロシ。新型ガンダムアルケーに乗って 逃走中の刹那とティエリアの前に現れました。ノー無線対話をするあたり、彼も脳量子波を野生 で感じ取っているに違いないw。然し某免許はどんどん本筋から離れたキャラになるなぁ。









コーラサワー
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『どもw不死身のコーラサワーです♪。』
 マネキン大佐との進展は無かったみたい。危険なアロウズ加入を 止めてあげたり、何だかんだでコーラが可愛いマネキン大佐。コーラも仇名をネタで、 受け止める位、鈍感器の大きい男に。おかげで新型ガデッサの乗ってきたイノベイター・リバイヴの印象が物凄く薄くなってしまったんだぜ!!。









マリナ
機動戦士 ガンダム00 腐麗蝶の柩
『うまい棒が目に染みるぜ…。』
 そして子供にご飯を恵んでもらうという、かなり悲壮感漂う描写がよく似合う顔つきになって しまったマリナ元姫。彼女も本筋から、どんどん離れていくが…何らかしらの幸あれ…。










にほんブログ村

→日本ブログ村でガンダム00の記事を探す。





→第8話 『無垢なる歪み』 ②
→第8話 『無垢なる歪み』 ①
→第7話 『再会と離別と』②
→第7話 『再会と離別と』①
→第6話 『傷痕』
→第5話 『故国燃ゆ』
→第4話 『戦う理由』
→第3話 『アレルヤ奪還作戦』
→第2話 『ツインドライヴ』
→第1話 『天使再臨』
→第16話 『悲劇への序章』
→第14話 『歌が聴こえる』
→第13話 『メメントモリ攻略戦』
→第12話 『宇宙で待ってる』
→第11話 『裸体描写考察』
→第11話 『ダブルオーの声』 ②
→第11話 『ダブルオーの声』 ①
→第10話 『天の光』 ②
→第10話 『天の光』 ①
→第9話 『拭えぬ過去』②
→第9話 『拭えぬ過去』①
→機動戦士ガンダム00 1期 第1~25話の感想と総括

→公式サイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00 2nd Season 8話「無垢なる歪み」感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1歪みの根源、現る 昨日はコッソリ、ネズミーランド『海』に行って、イロイロなモノと戦ってきたので、感想が遅れて申し訳ありません。 人に囲まれて、空も見えない程でありました。全く人が多いトコロは大変でありますよ。 ...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第08話感想(前編)

・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第08話『無垢なる歪み』 戦闘描写が無かった反面、演出や比喩イメージに力が入っていた今回。後半のダンスシーンで 様々なキャラの関係性や感情が収束して行く様や、キャラの内面を色々な形の“鏡”で表現した 辺りが…

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第8話 「無垢なる歪み」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 自分と同じ容姿をしたリジェネの出現にティエリアは驚愕する。しかし、リジェネの口よりもたらされたイノベイターの情報は、さらにティエリアの心を揺り動かした。その後、アロウズの高官たちが集まるパーティの情報を得たCBメ

機動戦士ガンダムOO 2nd Season #08 「無垢なる歪み」

イオリア計画の全貌。

機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #08 『無垢なる歪み』

 一時行方知れずになっていたアレルヤ・ハプティズムは長い長い恋路のゴールへと辿り着き、マリー・パーファシーを伴ってソレスタルビーイングへと戻った。  反政府勢力カタロンに保護されていたアザディスタン第一皇女マリナ・イスマイールは地球連邦によって故国を失...

コメントの投稿

非公開コメント

インフォメーション



リンク


↓リンク様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。